消費者金融の怖い過去

今でこそ消費者金融は安心安全と人気がありますが、昔の消費者金融はそれこそ街金や高利貸しという呼び名に表されるような業者でした。安心とは到底無縁の、どうしてもお金を借りなければならないときの最後の手段として考えられていたものです。

 

その理由は金利が高いこと、これに代表されるでしょう。消費者金融からの借り入れには最大で29.2%の金利が設定されました。信じれらないかもしれませんが、当時の消費者金融では別段珍しいことではありません。これほどに高い金利が設定されていたのは、法律のあいまいさとそこをついた消費者金融のずるさがあったでしょう。

 

利息制限法を聞いたことがあるかと思います。これはいまでも消費者金融を利用する私たちにとっては非常に重要な法律になりますので詳しいことは後述いたします。利息制限法よりも金利が高ければ、超過分の利息は支払いの必要がありません。しかし「任意性、書面性のある場合には有効」となっています。これが非常に厄介なものです。

 

任意性、それは同意したことを意味します。
書面性、それは契約書を意味します。

 

消費者金融から金利は29.2%であると説明を受け、それに疑問を感じる方は果たしてどれだけいたでしょうか。どこの消費者金融でもそれに近い金利を設定していた時代です。その金利は高すぎるなどと抗議をすることもなかったでしょう。

 

消費者金融なのだからそれは金利が高くて当然だと考えていたものです。金利に対しての知識がなく、消費者金融から伝えられた金利に疑問を持つこともなかったでしょう。

 

お金を借りたい、その意思で向かった消費者金融で当然のことのように契約書にサインをしたはずです。これで任意性、書面性ともに満たされたことになります。

 

本来支払う必要のない金利を支払っていた、消費者金融の歴史はあまり明るいものとは言えません。

 

今はその消費者金融によぶんに支払った利息を返還請求を行うことができます。テレビCMでもよくきくでしょう、過払い金返還請求です。過払い金返還請求は個人でも行うことができますが専門の弁護士や司法書士に依頼することが安心です。

 

過払い金返還請求は消費者金融との直接交渉になります。裁判所などを通すわけではありませんのでその交渉に慣れている必要があります。そうでなければ和解提案書として本来の過払い金の半分から7割程度の金額が提示されるでしょう。それに応じられない場合には裁判をしなくてはなりません。

 

裁判費用を考えると和解提案書にある金額にサインをした方がよかったと思うことになるでしょう。専門の弁護士であればその交渉には慣れています。満額ではなかったとしても限りなくその金額に近い過払い金返還が行われるでしょう。

 

今でこそ開かれた消費者金融です。昔の消費者金融はその実情が全く見えなかったでしょう。それこそ利用前だけではなく利用中でも不安が大きかったものです。

 

お金借りる即日ランキング